アロマセラピーのスキンケア

skincare

精油を使ったスキンケアはお肌だけでなく、心を癒し、体全体に影響を与えながら健康的に整えます。つまりアロマセラピースキンケアは、内側からお肌を美しくするだけでなく、心と体の健康もおまけについてくるのです!

 

アロマセラピーのマッサージ

massage一般的なマッサージの目的

  • 血液のリンパの循環を高める
  • 身体の緊張を解いてリラックスさせる
  • 身体に滞った水分や老廃物をのり覗く

この3つが上げられますが、アロマセラピーのマッサージには精油の効果がプラスされます。植物油で希釈した精油は皮膚表面から、毛穴や汗腺、角質層を経て皮膚の深部にあたる真皮へと浸透していきます。精油自体が油なので皮膚の脂質となじみやすいことや、分子量が小さいために容易に細胞と細胞の間から浸透し、次に毛細血管やリンパ管に入り、全身を巡る循環に乗ります。加えて、マッサージの刺激が浸透と循環を促します。当然鼻からも香りを吸入することになるので、外側からの効果だけではなく、神経系を通じての内側からの効果も期待できます。
(例えば、ラベンダーを使用した場合、香りが心に解放感を与えて身体の緊張をほぐし、さらにマッサージで直接皮膚に触れる事で、心もリラックスするという両方向からの効果を得ることができます)つまり、アロママッサージは嗅覚刺激と触覚刺激を同時に行う事で、心身に良い影響を与えるのです。
こうして体内に入った精油は最終的に、腎臓を経ての尿、皮膚からの汗、肺からの呼気の3つのルートで排泄されるのです。

ローション、クリーム、マッサージオイルの作り方

スプレーボトル
30mlスプレーボトルに、無水エタノール3ml、精油を加えて混ぜ合わせ、精製水27mlを加えて作ります。
クリーム
5mlクリーム容器に、クリーム基材を入れ、精油を加えて、よく混ぜ合わせます。
ココナッツオイル
5ml容器に、ココナッツオイルを注ぎ、精油を加え混ぜ合わせて作ります。

 

アロマでスキンケアのレシピ