精油を使おう

oil-drop

精油の有効成分を身体の中に取り入れるのは次の2つの方法があります
  • 香りを鼻から吸入して脳に働きかける芳香浴
  • 精油を植物油に希釈し皮膚から吸収させてリンパ液や血液に送り込む
  • アロママッサージ (この応用が入浴や香水、化粧品などです)

 

香りは生理活性物質を引き出します

揮発性の精油に含まれる香りの分子は空気中を漂い、呼吸によって身体に取り込まれていきます。吸い込まれた香りの分子は、鼻の奥にある約2千万本の細毛に吸収され、嗅上皮に運びこまれます。 そしてここにある嗅細胞で電気信号に変換されて嗅神経を伝わり、大脳辺縁へとたどり着きます。
次にこのメッセージは記憶をつかさどる海馬へいき、「過去に経験した香りかどうか」、「以前かいだときの心の状態はどうだったか」などを引き出し、視床下部の脳下垂体へと伝達します。脳下垂体は自律神経、内分泌系(ホルモンや酵素)、免疫系の3つの大きなシステムを統括する生命活動の司令塔のような場所ですが、ここに香りのメッセージが伝わると、それぞれの香りに対応した生理活性物質(ある特定の作用を生体に引き起こす物質)が分泌されます。

たとえばラベンダーの香りをかぐとセロトニンというが分泌されます。このセロトニンは神経系を鎮静させる物質なので、ラベンダーの香りを楽しむ事で心身をリラックスさせることが出来るのです。

アロマセラピーのマッサージ

massage一般的なマッサージの目的

  • 血液のリンパの循環を高める
  • 身体の緊張を解いてリラックスさせる
  • 身体に滞った水分や老廃物を取り除く

この3つが上げられますが、アロマセラピーのマッサージには精油の効果がプラスされます。植物油で希釈した精油は皮膚表面から、毛穴や汗腺、角質層を経て皮膚の深部にあたる真皮へと浸透していきます。精油自体が油なので皮膚の脂質となじみやすいことや、分子量が小さいために容易に細胞と細胞の間から浸透し、次に毛細血管やリンパ管に入り、全身を巡る循環に乗ります。加えて、マッサージの刺激が浸透と循環を促します。当然鼻からも香りを吸入することになるので、外側からの効果だけではなく、神経系を通じての内側からの効果も期待できます。

例えば、ラベンダーを使用した場合、香りが心に解放感を与えて身体の緊張をほぐし、さらにマッサージで直接皮膚に触れる事で、心もリラックスするという両方向からの効果を得ることができます。

つまり、アロママッサージは嗅覚刺激と触覚刺激を同時に行う事で、心身に良い影響を与えるのです。

こうして体内に入った精油は最終的に、腎臓を経ての尿、皮膚からの汗、肺からの呼気の3つのルートで排泄されます。

精油の使い方の基本

千倍から1万倍の濃度となっている植物のエッセンス。
まずは希釈のHOW TOから。
 
arrow3精油の使い方の基本

アロマセラピー香水

心と身体をケアするブレンド「アロマセラピー香水」を手作りしてみませんか。その時の気分や状況に合わせて、優しく作用する自然の香水です。

arrow3アロマセラピー香水
arrow3アロマ香水レシピ
arrow3アロマ香水に利用した精油の特徴

感情のレシピ

あらゆるパターンの感情に対して、どの精油をどの割合でブレンドするかのレシピ集です。

arrow3感情のレシピ

おススメのブレンド

健康、メンタル、気分、などなど。様々な状況で、精油をどの割合でブレンドするかのレシピ集です。

arrow3おススメのブレンド

アロマのスキンケア

精油の特性を利用した心理的な効果ももたらされるスキンケアのレシピ集

arrow3アロマセラピーのスキンケア
arrow3アロマ・スキンケア・レシピ

アロマ・ボディケア

いろいろな素材を活用してアロマを楽しもう!身近な素材を利用し、歯磨きやデオドラントやローションなど、日々の生活の必需品を手作りしましょう。

arrow3アロマ・ボディケア